読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トーマス・マイヤーのデザインソースは空港

ボッテガ・ヴェネタのトーマス・マイヤーはニューヨーカー誌でJohn Colapintoのインタビューを受け、ミラノで暮らすことを拒否し、このため自宅のあるフロリダとミラノのボッテガのオフィスの中間にある空港で多くの時間を過ごすと述べた。「私は空港で座って、多くの人を見ます。そこで、何が問題かがわかります。そして私たちは人々をどのように助けるか考えます。私は彼を気の毒に思います。彼はジャケットの半分をはぎ取り、その日の終わりに肩に痛みを与える悪いバッグを運ぶことによって、自分の人生を自分自身によって悲惨にしています」とマイヤー。


マイヤー就任後、ボッテガの売り上げは9年で800パーセント増加。その要因の一つであるマイヤーがデザインしたCabatバッグはロゴや装飾もなく、6000ドルの価格で毎シーズン約500個のみ作られるが、常に売り切れ、アンチItバッグとされる。「Itバッグは市場に出されたでたらめなたわごとです。私は所有することが好きな人ではありません。私は600のスーツを持っている人間ではありません。できれば私は2つのスーツを持ちたい。もっといえば私は1つのスーツを持ちたい。そして、それを交換します」とマイヤー。