読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラクで自爆テロ、100人超死亡

  イラクの首都バグダッド北方のイスラム教シーア派住民が多いハンバニサドで17日、自動車爆弾による自爆テロがあり、ロイター通信によると、子どもを含む100人以上が死亡した。シーア派を異端視するスンニ派の過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出した。同組織による一度の爆弾テロとしては最悪規模の被害。

 フランス公共ラジオによると、イラク政府は今年1月、軍が、ハンバニサドがあるディヤラ州を同組織から「解放した」としており、政府にとって大きな打撃となった。

 現場はバグダッドの北東約30キロの混雑した市場。爆発で複数の建物が破壊され、人々が下敷きになった。犯行声明は「シーア派への報復」と一方的に強調、約3トンの爆弾を使ったと主張した。

 イラクではこの日、シーア派にとっては祝祭を翌日に備えたラマダン(断食月)最終日で、スンニ派にとってはラマダン明けの祝祭期間の初日。国内では祝祭ムードが広がっていた。