読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この画家は動物標本を用いて制作した可能性が大きいことが明らかになってくる

f:id:tomoeeii:20161227124520j:plain

  18世紀の初期にハウブラーケンが記しているところによ才叫f、ホンデクーテルは1羽の調教された雄鶏を所有していて、この鶏は画室において彼が望むところのポーズを取り、画家はそれをカンヴアスに描き移した、ということである。

 

  だが、幾つかの小さな細部を検討してみると、この画家は動物標本を用いて制作した可能性が大きいことが明らかになってくる。ゥィーンの絵においても、前景左の孔戸すの手前で、相争う姿勢を示している戸_鶏が描写されているが、実際の自然においては、そのような姿は観察しえな、ものなのである。