f:id:tomoeeii:20160625152425j:plain

ブラックモンはこの肌と同じ時期に,日本に山来する幾何学模様を型押しした数枚の皿を制作している・そのなかには日本の織物見本からそのまま写されたものも見られる.浮彫によって明確になったこの皿の細部は彫り漆器を.wわせる・ハィライトを作る研心された金と数色の艶出し金を用いた仕上げの仕方も.

 

「金地」や「梨子地」と呼ばれる日本の技法に近いものに見える.だが,19世紀にパリで作られた多色金仕上げの映ぎタバコ入れと比べてみるのもおもしろそうである. エナメル絵共で修正がなされているとはいえ,9色のリトグラ7で同じ絵柄が大雑把に転写されている皿では。このことはほとんどわからない.

広告を非表示にする