読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

露外相「領土問題と平和条約は同義でない」

 ロシアのラブロフ外相は26日、北方領土問題について「日露平和条約締結と領土問題の解決は同じ意味ではない」と述べ、領土問題の解決を平和条約締結の前提とする日本政府の立場を否定する考えを示した。

 「(日露)平和条約締結と領土問題の解決は同じ意味だと考えていない」-ラブロフ外相は記者会見でこのように述べ、「北方四島の帰属の問題を解決して、ロシアとの間で平和条約を締結する」とする日本政府の立場を否定した。

 その上で、「第2次世界大戦の結果を認めることなしに前進することはできない」と強調。領土問題を議論する前提として、「北方領土は第2次世界大戦の結果、ロシアの領土になった」とするロシア側の主張を受け入れるよう、日本に迫った。

 一方で、来月に行われる日露外務次官級協議では「日本側が提起すれば、どのような問題でも協議する」と述べ、領土問題を含め、話し合う姿勢も見せている。