読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス美術の流れ

f:id:tomoeeii:20160119122618j:plain

  フランス美術の流れのII’で18世紀ほどI文脈において見る」という言葉がふさわしい時代はない.宮廷。食族,媛かな市民階級の三者が自邸の装飾について多少とも見解をI司じくした時代である.ギルドの存在が.現代の表現を用、、れば「品質管理」の加供を1秒章していた.家共,タピスリー,銀器,ブロンズ,絵画の取り合わせにおける色と形の耗医作用がモーツアルトの四垂奏dl|のように精妙で調和あふれる一体を作り出している.