椅子

f:id:tomoeeii:20160107123543j:plain

サミュエル・べングの非常に影響力の大きいパリのギャラリー、ラール・ヌーヴォ・べングは、1895年に開かれ、アール・ヌーヴォ様式と同義語となった。このギャラリーは、特にそのために作られた装飾品や美術品を販売した。そしてエウジェーヌ・ガイヤールはべングが雇った最初の家具デザイナーだった。ガイヤールは主として家具を作り、彼のデザインの範囲は絨毯や照明設備から織物にまで及んでいる。この椅子は、1900年のパリ万国博覧会のこのギャラリーの野心的な展示館における食堂のモデルのためにガイヤールがデザインした一式のひとつである。この椅子の枠の流れるような線と琉泊色の皮の背もたれの鞭のひもの曲線の浮き出し模様はアール・ヌーヴオを要約している。

広告を非表示にする