読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼はそこで画家や作家たちと知り合いになった

f:id:tomoeeii:20160321173747j:plain

  画家はこのバーで踊っているショコラと呼ばれる黒人の道化師の,生気盗れる素描と,石版画の(ピクトン・バーで.アメリカン・バー,スクリブ通りを制作した.実際,夜の生活でロートレックの気を引かない場面は殆どなかった.だから,ジュフロワが1893年に「フィガロ・イリュストレ」に発表したの歓楽と題した二つの記事の挿画のために,ロートレックが13点の油彩連作を制作したのは,彼にふさわしい仕事だったのである.

 

  ロートレックはロワイヤル通りにあったカフエ・ヴェべールー残念なことに今はもうなくなったか――の常連で,彼はそこで画家や作家たちと知り合いになった.

東洋的な形体や装飾モチーフ

f:id:tomoeeii:20160220170345j:plain

 17世紀のファイアンス焼に見られる東洋的な形体や装飾モチーフは.陶器のみならず。オランダやフランスの貿易会社のもたらした漆器.絹織物.青磁のような磁器I毅翠細工その他の貴石の彫物などを含む眼大な輸人品に由来している.

琥珀に入った古代の花、ドミニカで発見 猛毒の可能性も

ドミニカ共和国で、琥珀(こはく)の中に推定2000万年前─3000万年前の花が完璧な形で閉じ込められているのが発見された。研究チームは15日、この新種の花を「ストリクノス・エレクトリ」と名付けたと発表した。

猛毒のストリキニーネや毒矢に使うクラーレを含む有毒植物マチン属の仲間とされ、この花も毒性を持っていた可能性が高い。美しさに気を取られると、危険な目に遭う花だったようだ。

花の形はチューブ状で、大きさは約10ミリ。2つ発見され、驚くほど保存状態が良かったという。オレゴン州立大学の昆虫学者で琥珀専門家のジョージ・ポイナー氏は「花の化石は非常に珍しい」とし、「(古代の)熱帯植物を保存するには、琥珀の中しか考えられない」と指摘した。研究成果は英科学誌ネイチャー・プランツに発表された。

内陣障壁梁

f:id:tomoeeii:20160204113109j:plain

  これらは.そうしたものとして,礼拝堂や小教会堂の曙画へ据えつけられた持送りの上や旧),身郵の基柱の前や.あるいはまた内陣障壁のFw売内に配されていたと考えられる.傑刑群像は.聖歌隊席く教会堂の身郵東端にあたる部分.内陣と聖所を含む)入り口の上部のの上など。

唯一無二の独自な画家となった

f:id:tomoeeii:20160201110739j:plain


パイプをくゆらす「コロー爺さん」の姿は人の心をひきつける.自然と舞踊から想を得て彼は絶妙な色調をもつ,夢のような世界を作り出した.彼はお人好しを装ったが.その光とモチー7の構造に対する眼孟によって,唯一無二の独自な画家となった.

露外相「領土問題と平和条約は同義でない」

 ロシアのラブロフ外相は26日、北方領土問題について「日露平和条約締結と領土問題の解決は同じ意味ではない」と述べ、領土問題の解決を平和条約締結の前提とする日本政府の立場を否定する考えを示した。

 「(日露)平和条約締結と領土問題の解決は同じ意味だと考えていない」-ラブロフ外相は記者会見でこのように述べ、「北方四島の帰属の問題を解決して、ロシアとの間で平和条約を締結する」とする日本政府の立場を否定した。

 その上で、「第2次世界大戦の結果を認めることなしに前進することはできない」と強調。領土問題を議論する前提として、「北方領土は第2次世界大戦の結果、ロシアの領土になった」とするロシア側の主張を受け入れるよう、日本に迫った。

 一方で、来月に行われる日露外務次官級協議では「日本側が提起すれば、どのような問題でも協議する」と述べ、領土問題を含め、話し合う姿勢も見せている。

フランス美術の流れ

f:id:tomoeeii:20160119122618j:plain

  フランス美術の流れのII’で18世紀ほどI文脈において見る」という言葉がふさわしい時代はない.宮廷。食族,媛かな市民階級の三者が自邸の装飾について多少とも見解をI司じくした時代である.ギルドの存在が.現代の表現を用、、れば「品質管理」の加供を1秒章していた.家共,タピスリー,銀器,ブロンズ,絵画の取り合わせにおける色と形の耗医作用がモーツアルトの四垂奏dl|のように精妙で調和あふれる一体を作り出している.